バイクツーリングではファッションも好きなようにする

カスタマイズしたライダースジャケットでツーリング!!

 

バイクの文化が好きだと様々な場所を走って気分が良くなりたいと思います。

 

実際にそういう走りをしているとバイクが楽しくなってカスタマイズまでします。

 

私はバイクツーリングにはファッションも重要だと思っていて好きなアイテムを選んでいます。

 

 

 

バイクツーリングでは基本的にライダースジャケットを着て好きなコースに行きます。

 

地元では車の少ない道があるのでそういった場所に進みます。

 

また都会の方も信号で止まらなければ面白いバイクツーリングができると思います。

 

 

 

バイクツーリングをする日はファッションにも気を使って本当に自由な服装になります。

 

個人的にはカスタマイズしたライダースジャケットを着てリングなども使っています。

 

バイクツーリングでそういった格好から入ると更に面白くなると思います。

 

 

 

バイクで走ると仲間に出会うこともあるので喫茶店などで話をする機会があります。

 

そこではバイクの文化について話をして徐々に趣味の話題になります。

 

私はバイクツーリングの醍醐味がそういったコミュニケーションにあると思っています。

 

仲間たちに会うとバイク好きらしいファッションをしていて感心します。

 

 

 

外見から入ってもバイクツーリングは楽しめるので今後も走りを極められたら最高です。

契約したらもれなくじゃんけんキャンペーン!連続3回勝利で5万円ゲット!!


不要バイク、事故車、不動車の買取はバイク買取専門店バイクワン

関連ページ

40代リターンライダー
中型バイク免許を取得しようと自動車学校に通っている40代のリターンライダー予備軍です。当時は原付免許しかもっておらず、いつも250ccや400ccに乗っている友人の後ろのシートに乗せてもらっていました。
バイクレースの魅力
私は現在40代の主婦なのですが、1番の趣味と言いますとバイクレース観戦です。バイク整備に関する知識は無かったのですが、ヘルパーなら!お手伝いさせてくれるチームを見つけ夢のレース業界へ!
思い出のツーリングコース
ツーリングコースには大事な思い出が含まれているので道が残っていれば昔に戻れます。そこには思い出があるので整備されないで欲しいと思います。
16歳で免許取得してから
16歳になり免許を取得できる年齢になってすぐに中型自動二輪の免許を取得すべく、免許取得の合宿へ申し込んだ。教習所で初めて乗ったCB400からいままでいろいろなバイクに乗ってきた。
海岸線で見る朝日や夕日
私がツーリングをしていて絶景スポットだと思う場所は「海岸線」です。太平洋側ならば朝日を見ることができますし、日本海側ならば夕日を見ることができます。特に元日の日の出を見ると、とても縁起が良いもののように感じてしまいます。
田舎での免許の話
田舎では結構言ってはいけませんが、無免許の運転が多いのです。それもお年寄りの無免許です。免許をとって初めて隣村まで運転をしました。遠出をしたことがなかったのですが、運転して爽快な気分で走り嬉しかったです。
モンキーを盗まれたよ〜!!
現在僕は自転車を職場までの通勤手段として利用していますが、元々はバイクが好きで、スティードのようなアメリカンバイクもカッコいいなと思うんですが、モンキーのような小さなバイクも便利で良く昔は乗っていました。