思い出のツーリングコース

友人が気に入っていたツーリングコースについて

 

山道を進むツーリングコースには思い出がいっぱい

 

 

バイクを使えるようになるとツーリングが楽しくなるので、常に色々な場所を走っていました。

 

そういった環境で優れたツーリングコースに出会うと嬉しさを感じます。

 

 

 

以前は友人と一緒にツーリングをして、面白いコースを幾つも発見しました。

 

それらは思い出の場所なので、今でも一人で頻繁に通っています。

 

 

 

友人が気に入っていたのは、山を通り抜けるツーリングコースでした。

 

地元には幾つもの森林があって、山になっている道が多いです。

 

そういった場所を暗い時に通るのが非常に面白かったです。

 

その時は友人とテンションが上がって、ツーリングの楽しさを実感しました。

 

 

 

その他には一般的な道路もツーリングコースとしては良かったです。

 

地元は車が少ないので、どんな道路でもスムーズに行けます。

 

だから爽快感があってツーリングが日課になっていました。

 

 

 

しかし山道を進むツーリングコースが、友人が特に気に入っていたものです。

 

私はその道を何度も通って色々な風景を目にしました。

 

また、天気によっても周囲の環境が変化するので面白かったです。

 

 

 

友人と遊ぶ機会が少なくなっても、私は昔の山道を好きでいます。

 

そこには思い出があるので、整備されないで欲しいと思います。

 

ツーリングコースには大事な思い出が含まれているので、道が残っていれば昔に戻れます。

契約したらもれなくじゃんけんキャンペーン!連続3回勝利で5万円ゲット!!


不要バイク、事故車、不動車の買取はバイク買取専門店バイクワン

関連ページ

40代リターンライダー
中型バイク免許を取得しようと自動車学校に通っている40代のリターンライダー予備軍です。当時は原付免許しかもっておらず、いつも250ccや400ccに乗っている友人の後ろのシートに乗せてもらっていました。
自由なファッション
個人的にはカスタマイズしたライダースジャケットを着てリングなども使っています。バイクツーリングでそういった格好から入ると更に面白くなると思います。
バイクレースの魅力
私は現在40代の主婦なのですが、1番の趣味と言いますとバイクレース観戦です。バイク整備に関する知識は無かったのですが、ヘルパーなら!お手伝いさせてくれるチームを見つけ夢のレース業界へ!
16歳で免許取得してから
16歳になり免許を取得できる年齢になってすぐに中型自動二輪の免許を取得すべく、免許取得の合宿へ申し込んだ。教習所で初めて乗ったCB400からいままでいろいろなバイクに乗ってきた。
海岸線で見る朝日や夕日
私がツーリングをしていて絶景スポットだと思う場所は「海岸線」です。太平洋側ならば朝日を見ることができますし、日本海側ならば夕日を見ることができます。特に元日の日の出を見ると、とても縁起が良いもののように感じてしまいます。
田舎での免許の話
田舎では結構言ってはいけませんが、無免許の運転が多いのです。それもお年寄りの無免許です。免許をとって初めて隣村まで運転をしました。遠出をしたことがなかったのですが、運転して爽快な気分で走り嬉しかったです。
モンキーを盗まれたよ〜!!
現在僕は自転車を職場までの通勤手段として利用していますが、元々はバイクが好きで、スティードのようなアメリカンバイクもカッコいいなと思うんですが、モンキーのような小さなバイクも便利で良く昔は乗っていました。